金庫の鍵が開かないとき

金庫の鍵が開かないときはどうすればいいの?

自分でやってみて、どうしようもない場合は、鍵職人や鍵専門業者に依頼することになります。まずは、自分でできることをやってみましょう。
 
一般的に多いトラブルとしては、次のようなものでしょうか?
 
・暗証番号を忘れてしまった
・シリンダー錠を紛失してしまった
 
鍵そのものがない場合は、素人ではどうしようもありません。
しかし、鍵があるにも関わらず金庫が開かないとか、暗証番号を間違っていないのに開けられないならば、自分で開けることができるチャンスはありそうです。
 
1番目は「ダイヤル式の家庭用金庫の開け方」です。
金庫はいろいろな種類がありますが、ご家庭で一般的に使われているのは、このタイプでしょう。
シビアな言い方をすれば金庫ではないかもしれません。
最近では、マンションの郵便受けで、ダイヤル式の鍵を導入しているケースも多いです。
 
ダイヤルを右や左に回転させて、事前に設定した数字でストップさせることで解錠させます。数回程度の作業でダイヤル式のものは開けることができます。
 
設定した暗証番号がわかれば誰でも開けることができます。家庭用金庫は複数の人が使いますから、便利な仕組みです。
しかし、開けるまでの操作が案外と多いのがデメリットの部分です。
 
ダイヤルを回転させている間に、何回番号を合わせたのか分からなくなってしまうのです。パニックになってしまうと、ますます上手くいきません。
 
まずは、ダイヤルの回し方のコツを覚えておきましょう。
暗証番号が記載されている書面をみつけましょう。それには、右回しに何番を何回回転させて、次に左回しに何回という情報が記載されています。
 
ちなみに右回しは時計が進む方向の回し方です。左回しはその逆です。
具体的な数字があったほうが理解しやすいでしょうから、例示しますね。
・右:暗証番号41番・4回
・左:暗証番号31番・3回
・右:暗証番号21番・2回
・左:暗証番号11番・1回
 
ここしばらくダイヤルを回転させていないならば、右回り・左回りどちらでもいいので10回程度回転しておきましょう。
この動作をしておくだけで、ダイヤルの内部がスムーズにひっかかりなく動くようになります。
まあ、準備体操みたいなものです。それとダイヤルがリセットされる意味もあります。
 
スタートする位置は0がいいのでしょうか?これは何番でもかまいません。
 
★右:暗証番号41番・4回
 
意味は時計回りの右回りに41を4回セットするという意味です。
時計回りに41を3回通過して、4回目を41ぴったりにストップさせましょう。
 
注意することは完全に丁度41で止めること。
41を行きすぎてしまって逆回しにして合わせてもダメです。
それでは鍵は開きません。
通り過ぎてしまったら、最初からやり直しです。10回程度グルグルと回して最初のリセット状態に戻ってください。
 
★左:暗証番号31番・3回
 
41にピッタリ止めたら、その位置から、時計と反対回りの左回しに31を2回通過して、3回目に31でストップさせます。
ここでまた越してしまったら、またリセットです。最初の41からやり直しになります。
31からやり直すのではありません。慎重に合わせるようにしましょう。
 
★右:暗証番号21番・2回
 
31の停止位置から、時計回りの右回りに21を1回通過させて2回目を21でストップさせます。
集中力をとぎれささないようにしましょう。ゴールはもう少しです。
 
★左:暗証番号11番・1回
21の停止位置から時計と反対まわりの左まわりで11でストップです。最後は通過させる必要はないので注意してくださいね。
 
きっちり11で止まっているならば、ダイヤルは解錠しているでしょう。あとは、鍵を差し入れてまわすだけ。
金庫の扉は開いてくれます。鍵を差し込んでも開かない場合は、ダイヤルが解錠できていません。
もう一度、慎重にダイヤル番号を合わせるしかありません。


鍵   古河市

鍵屋   古河市

鍵屋    小山市

鍵   小山市

鍵   栃木市

鍵屋   栃木市